本文へ移動

システム建築事業

システム建築とは建物を構成する部材を標準化することにより、建築生産トータルをシステム化し、商品化した建築です。工場・倉庫・物流施設・店舗・最終処分場等に適した建築工法で、建設のうえで想定される検討事項・仕様が予め標準化されているので高品質でありながら、短工期・低価格を実現します。

主な特徴

建物の構成要素となる「鉄骨」・「屋根」・「外壁」・「建具」等に関する部材ディテールや配置を徹底した標準化と
軽量化を図ることにより、「低価格」・「短工期」・「高品質」・「大空間」を実現しています。

【低価格】在来加工と比べて30~40%の軽量化

屋根と母屋がフレームと一体化した合理的な構造を採用したことで低コストを実現

【短工期】合理的な設計・生産システムによる工期短縮

工場でのボルト接合を全て標準化しており、現場での溶接は一切不要な上、部材点数を最小限に抑え、役物類もやはり標準化されている為、短工期、高施工精度を実現しています。

【高品質】意匠性に優れた唯一の「システム建築専用工場」

工場、倉庫、スポーツ施設、レジャー施設、店舗等の大スパン低層建築を、ご要望に応じCADでドローイング
CADを介し生産ラインに指示する為、フレキシブルなオーダーメイド感覚のシステム構築となっています。

【大空間】建物規模無柱で60mまで可能

対象建築物は、平屋(2階も可能)の向上・倉庫・店舗・スポーツ施設(非在宅)で、在来工法より軽量、低価格、短工期
高品質、高断熱であり、建物規模はスパン方向は無柱で60mまで可能です。また、中間柱を入れれば150mまで可能です。
桁行長さは途中(120m毎)にエキスパンションジョイントを設ければ制限はありません。最高高さは20m(標準は12m以下)
搭載クレーン容量は30トンまで可能です。これらの寸法を超える場合にもお気軽にご相談下さい。
 施工実績
全国での施工実績写真が閲覧できます。

マスメディアが注目するシステム建築

資材や人件費が高騰する昨今、「システム建築の生産効率の高さ」はマスメディアでも注目されています。
 

もっと詳しくお知りになりたい方は

TOPへ戻る